美容マニアの方は必見!ボトックス注射の効果とは

ボトックス注射に副作用はある?

他の筋肉にもボトックス作用が影響する?

ボトックス注射にはボツリヌストキシンと呼ばれる成分が主体であり、神経に到達することで筋肉の動きを止める作用があることは何度か説明しました。
表情筋によるシワは筋肉の活発な動きによって刻まれるため、表情筋を緩ませることでシワを改善する仕組みです。
筋肉はそれぞれ名前を持ち、各部位を支えたり動かしたりしています。
しかしながら筋肉の構造は実に複雑で、注入したボトックスの成分が目的の筋肉以外にも影響を及ぼしてしまうことがあるのです。
例えば、眉間のシワ改善のために眉間にボトックス注射を注入した場合、範囲が広がりすぎて瞼の筋肉まで緩めてしまうことがたまにあります。
そのせいで瞼が下がりやすくなったり瞬きが不自然になることもあります。

良いクリニック選びを

成分であるボツリヌストキシンは毒素の種類になることも先程説明しました。
毒素ですので、注入する量には十分な注意が必要です。
もし多く注入してしまった場合は副作用が出る可能性が高くなります。

まず、表情全体が固くなり、笑顔が作れなくなったりひきつったような感覚に陥ります。
ちゃんと正しい分量で注射していればこのような症状は表れません。
また、注射する頻度も大切です。
最低でも3カ月程度は間を空けることをおすすめします。
あまり短いスパンで打ってしまうと筋肉に悪影響を及ぼし、顔がひきつるどころではなくなってしまう可能性があります。
そうならないためには良いクリニックを選ぶしかありません。
料金だけでなく、医師の実績や評判などをチェックし、良いクリニックを選ぶようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る