労働環境や社員の満足度が知りたいなら|ES調査をプロに依頼しよう

従業員の満足度を測定

会議

組織の能率向上に貢献

企業がES調査を行う主要な目的は、優秀な人材の確保にあると言えます。仕事優先の価値観が誰にでも通用する時代は終わり、現在ではワークライフバランスが重視されるようになっています。多様な価値観を持つ従業員の意欲を高めるには、それぞれの不満や問題意識を汲み上げる必要があります。ES調査はその有効な手段として活用できるでしょう。従業員の満足度が高まれば、積極的に仕事に取り組む意欲が生まれ、業務の能率が向上します。また離職率が低下し、人材育成の面でも効率化が期待できます。ES調査の結果は、第一義的には福利厚生の改善に役立てることができます。一律に給与を上げることはできなくても、きめ細かい施策によって不公平感を解消することは可能でしょう。それだけでなく、ES調査は人事システムに再考を促すきっかけにもなります。たとえば管理職への不満が高い場合は、配置転換や管理スキルの教育訓練を実施する必要があるかもしれません。他部門への不満が高い場合は、部署間の連絡がスムーズにいっていない可能性があるため、業務マニュアルの見直しが求められます。同じ職場内で不満があるなら、コミュニケーションの改善手段を考える必要があるでしょう。このようにES調査は守りの手段としてのみならず、収益アップを図るためにも役立ちます。できるだけ公平で客観的な調査を行うには、専門のコンサルティング会社に依頼するのがベストな方法と言えます。

Copyright© 2017 労働環境や社員の満足度が知りたいなら|ES調査をプロに依頼しよう All Rights Reserved.